「マッサージしても効果が出ないときは?」

リンパマッサージ

経絡リンパマッサージは基本的にさする動作だけでできるものなので、誰にでもできるマッサージ法です。 特に専用の道具がいるわけでもなく、特別な講習を受ける必要もありません。 実際に体験してもらった人たちの多くは、だいたい1回から3回くらいで体がポカポカしたり、 ケアした箇所がスッキリしたりといった体感を得ているそうです。 とはいっても、例外はあり「日々コツコツとマッサージしているのに、ぜんぜん良くなる気配がない」という方も。

原因としては次の3つのケースが考えられるので、自分が当てはまっていないかチェックしてみてください。

  1. マッサージの向きが反対 リンパマッサージは、指先から体幹へ向けて行うのが正しいやり方です。 例えば足首から膝へ向けてさするところを、逆方向の膝から足首へ向けてマッサージしてしまうと、効果が出ないと考えて良いでしょう。
  2. 圧をかける力が強くなってしまっている 基本的にリンパマッサージを行うときは、心地良いと感じるくらいの力でさするのがベストです。 あまり力をかけすぎてしまうと、筋肉やすじを痛めてしまう場合もあるので、注意してください。
  3. 皮膚から手が離れてしまっている リンパマッサージは力のいらない、さするだけのマッサージとお伝えしてきました。 力は加えすぎないほうが良いのですが、「かする程度にしか肌に触れていない」となってしまっては、効果が出なくなってしまうおそれがあります。 強すぎず弱すぎず、施術するときは皮膚に手をピッタリとくっつけて行うように意識するのがポイントです。

以上、マッサージしても効果が出ないときにチェックすべき項目を3つほど紹介しました。 実際にケアする際の参考にしてみてください。

One thought on “「マッサージしても効果が出ないときは?」”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *