マッサージ

リンパ

浅いリンパと深いリンパ

2018年6月4日

リンパは体の部位ごとに浅いリンパと深いリンパに分かれます。「浅いリンパ」は、皮膚 のすぐ下、静脈の近くを流 れています。そのため、 マッサージやストレッチで リンパの流れをよくすることで、むくみや筋肉疲労、体のコリや張りが解消されるほか、体内のリンパ液の新陳代謝もよくなり、美肌やダイエッ トにもつな がります。リンパ管は皮膚のすぐ下にあるので、マッサージは、やさしい圧で行ないます。強い力でマ ッ サージすると逆効果になるので注意。手のひらのやわらかい部分、または、指の腹を使って、ゆっくりとさするぐらいでいいのです。「深いリンパ」は、体の深部を流れているリンパです。血管に沿って流れ、内臓にからみつくように張りめぐ らされています。刺激を与えることでリンパの流れが よくなり、内臓の働きをよくします。深いリンパは、程よい圧力を両手で全体にかけるようにします。  

Read More
施術

施術(引っ掻く)

2018年5月5日

マッサージにおいて「掻く」という動作があると言うと驚く方がほとんどかもしれませんが、心地よいマッサージ動作のひとつです。 手をかぎつめの形にし、上下に、または左右に体を掻きます。手をかぎつめの形にするのには意味があり、指先にしっかり力が入るからです。 マッサージには、ふくよかな手の方が向いていると巷では言われていますが、この「各引っ掻く」というマッサージ動作だけは骨ばった手が適しています。 皮膚に強い刺激を与える為、筋肉が比較的発達した背中、腰、腿の上部だけに使うことがほとんどです。 「掻く」という動作には、凝りをほぐすという効果もあるのですが、指を立てて過ぎて、皮膚を痛めないように施術する必要があります。   �@背中 首の付け根あたりから脊柱にそって掻く場合、脊柱にダイレクトに施術を行うことは避けます。 指を広げた状態でもう一方の手を重ね両手を組んだ状態で施術を行うと両手で施術が行えます。   �A腰 主に腰の側面部に適しています。腰側面を下から上に引っ張るように掻きます。 この動作を両手で交互に繰り返し、腰側面から脚のつけ根までを左右に移動しながら施術します。

Read More
健康

健康を学ぶ

2018年4月2日

健康を研究する姿勢、そのものがマッサージの施術なのかもしれません。マッサージについて研究するということは、健康がどんな条件で成立し、この慌ただしい社会生活の中で人々の健康を維持し増進させる為に、必要な実践的な活動を学ぶそんな学問なのかもしれません。 衛生学的に言えば、まず健康をおびやかす悪い条件を取り除くことを研究し、例えば、伝染病やその病原体について知り、それらから身を護るためにはどうしたら良いかなどを学ぶのです。 健康を保つための栄養の条件を、生活環境、職業環境の条件などの幅広い観点から検討します。 衛生学を学ぶ基礎としては、伝染病の原因や感染に関する知識、空気や水、食品などの生活環境の諸条件についての知識、さらに栄養条件、職場環境などの知識も必要となってきます。   日常的に、簡単に人々はマッサージを行いますが、マッサージの施術者は、衛生学的な学問をベースに施術を行うことが、本来は求められいるはずです。 難しいことではありません。学問とは言っても、人間が心地良いということがベースとなっているのですから、様々な環境に衣食住するパートナーについて、きちんとした態度で向き合えば良いことです。 職業、習慣、性別、年齢、性格、などから施術に必要なキーワードを読み取り、少しでも人々を健康へ促すそういった学び、かつ実践的な活動なのです。 施術者は、その知識の実践、そして自分自身の健康管理を行いながら、パートナーとともに健康であることを学びます。マッサージの基礎は、コミュニケーションです。そのベースとなる基礎知識を、深めていく為のほんの一部を入門編として紹介してきました。 少ししでも、マッサージの施術に興味をもって頂ければ幸いです。

Read More
下半身

下半身水滞体質改善マッサージ

2018年3月12日

下半身に溜まった「水」の流れをよくするマッサージです。 脚の余分な水分をそけい部(脚のつけ根)に流し込むようにマッサージします。 そして、水分代謝を促進するマッサージを行うことで、背中やお尻、お腹から脚を引き締めて、流れのよい身体を目指してください。   1 脚全体をそけい部にかけてさすります(手掌軽擦法) 片ひざを立てて、左脚の足首の横に両手をあてます。 手のひらを密着させ、手を左右交互に動かしながらそけい部(脚のつけ根)にかけて、脚全体を1分間ほどさすり上げます。 そして、反対の脚も同様にさすり上げます。   2 4本の指でそけい部をさすります(四指軽擦法) あお向けになり、両ひざを立てます。 両手を左右の腰骨の下にあてます。 外側から中心に向かって、親指以外の4本の指でそけい部をさすります。   3 背中からお尻をたたきます(拍打法) 手のひらの中央を軽くへこませ、手の届く範囲でかまいませんので背中にあてます。 背中からお尻をリズミカルに1分間ほどたたきます。 お尻は持ち上げるようにたたくとよいでしょう。   4 脚全体からお腹をたたきます(拍打法) 両手のひらの中央を軽くへこませ、太ももにあてます。 脚全体をまんべんなく1分間ほどたたきます。 次にお腹周辺もまんべんなく1分間ほどたたきます。

Read More
アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダ驚きの診療方法とは

2018年2月15日

アーユルヴェーダでは、歴史のある自然療法で体を浄化していきます。 診祭の後、処方される療法は、食事療法を中心とした生活全体についての指導、薬草の処方、そしてマッサージなどさまざまです。 例えば、全身の浄化法である「パンチャカルマ」は、食事療法、オイルマッサージ、発汗療法、下剤法、経直腸療法などを数日間連続して行い、心と身体のバランスを整えていくプログラムです。 このような療法で、休中に張りめぐらされた管につまった汚れ=アーマ(毒)を徹底的に除去することによって、ドーシャの洗れを正常な状態に戻し、心身を本来の健康に近づけていきます。

Read More
たたくマッサージ

たたくマッサージ

2018年2月10日

幼少期に、母の日や父の日に肩たたき券をプレゼントした記憶がる人も多いのではないでしょうか?トントンと両親の肩をたたいて、おこずかいをねだった記憶はありますか? 肩をたたくようなマッサージ動作を「叩打法」と、ここでは呼び、数種類の動作を紹介していますが難しい動作ではありません。筋肉の上を軽くたたく方法で、3種類の技法を使い分けて行います。 切打法 手の五指を伸ばし、小指の側で細かくたたく 拍打法 両手をつぼめ皮層面に対し交互にたたく方法で、手の平のくぼみを利用して空気圧のボンボンとした音をたてながら行う つかみ拍打法 母指と示指でつかみあげるようにして素早く行う これらの施術は、血管を広げ血行を促進し、神経機能の働きを高めることに働きかけます。

Read More